作り手さんインタビュー

猫田有紀さん

千葉県出身の猫田さん。旦那さんの転勤で福島に来られました。
妊娠・出産を機にお仕事を退職され、今は、3歳の女の子の子育てをしながらbel*fonteの作り手をしてくれています。主に、まんまるゴム、coronピアスを担当。
coronピアスは、実は猫田さんが発案してくれた商品なのです。coronピアスが自分の子供の様にかわいいと言ってくれている猫田さんにインタビューをしてきました。

 

Q. 県外出身者の猫田さんが、bel*fonteに関わったきっかけは何ですか?

A. 藤本さんからbel*fonteの作り手を探しているので紹介してほしいと言われて、もし自分でも手伝えるならと思って、私がやりたい!と返事しました。bel*fonteの商品が好きだったので、作り手になれると決まった時、自分がbel*fonteに携われることが嬉しかったです。自分が作ったもので、bel*fonteを好きになってくれる人が増えたら最高だと思いました。

 

Q. bel*fonteの作り手になって、何か変わったことはありますか?

A. 自分が家庭以外の場所でも存在価値があると感じることができ、生活にハリが出ました。そして、bel*fonteや会津木綿を知って、福島の事をもっと知りたいと思うようになりました。それまで7年、福島に住んでいましたが、福島にこんなに興味を持ったことはありませんでした。

 

Q. 3才のお子さんの子育てもされていますが作業はいつやっているのですか?

A. 子どもが寝た後に落ち着いて作業をしています。今まで携帯電話を見て過ぎていた時間を作業に使うことができました。

 

Q. 商品を作るにあたってのこだわりはありますか?

A. 自分が買いたいと思うか、bel*fonteのブランドをしっかり保つことができるかを心がけてやっています。

 

Q. bel*fonteのお客様へのメッセージを下さい。

A. 買っていただいた方には本当に感謝です。これからも頑張って作るのでリピートしてくれたら嬉しいです。とてもいい商品でとてもかわいいので、一度手に取って見てもらいたいです!


 

西脇千晶さん

千葉県出身の西脇さん。旦那様のお仕事の関係で期限付きで福島に。
前職は、なんとオーダーメイドウエディングドレスデザイナー。デザインから制作まで一人で行っていたそうです。引っ越し、出産、子育てで今はウエディングドレス製作はお休みされており、運命的な出会いでbel*fonteをお手伝いしていただくことになったのです。
まんまるポーチは、曲線が多いウエディングドレスを扱える西脇さんにしか作れない商品となりました。おでかけ巾着、角ポーチも担当してもらっています。

 

Q. 県外出身者の西脇さんが、bel*fonteに関わったきっかけは何ですか?

A. 2014年の大宴会in南会津という野外音楽祭で出店していたbel*fonteのブースで、はじめてbel*fonteのことを知りました。とてもセンスがいいと感じ、その当時5ヶ月だった息子に背守り刺し子Tシャツを購入しました。
その後、偶然、共通の知り合いがいたことから、代表の藤本さんと奇跡的に再会。福島に来る前に、東京でウエディングドレスを作っていたことを話すと、藤本さんからbel*fonteで何か一緒に作らないかと誘われました。その時、私は主人の仕事の関係で福島に来て1カ月。福島に来たからには何か福島に関わることがしたいと思っていたし、会津木綿という福島の伝統工芸品を扱えることと、自分の技術が役に立つということに魅力を感じて、二つ返事で引き受けました。それに子供を産んだ後も仕事がしたいと思っていたことも理由の一つです。

 

Q. bel*fonteの作り手になって、何か変わったことはありますか?

A. 福島という土地に馴染んでいく感覚があったし、福島のことをもっと知りたいと思うようになりました。反面、初めての子育ての中にお仕事が入ってきて、子育てと仕事のバランスを取るのに苦労しました。

 

Q. 商品を作るにあたってのこだわりはありますか?

A. 長く使ってもらえるものを作りたいので、とにかく丁寧な仕事を心掛けています。

 

Q. bel*fonteのお客様へのメッセージを下さい。

A. 一つ一つ心を込めて丁寧に作っています。日常生活に会津木綿のおしゃれを一つプラスしてもらえたらと思います。


 

坂上聖織さん

ベビーマッサージ教室の先生をしながら3歳と0歳のお子さんの子育てをされている坂上さん。
一番子育てに手のかかる大変な時ですが、子育てとベビーマッサージ教室とのバランスを上手く取って、bel*fonteの作り手としても活動してくれています。
coronピアスとまんまるゴムを担当してくれている坂上さんにインタビューしました。

 

Q. bel*fonteに関わったきっかけを改めて聞いてもいいですか?

A. もともとベルフォンテの商品のファンで、まんまるポーチや子供のTシャツなど色々揃えていました。
作り手の猫田さんが第2子の妊娠と引越しで商品をあまり作れなくなったとのことで、それを引き継ぐ形で作り手になってもらえないかと声をかけてもらいました。好きなブランドに少しでも携われることは光栄なことだと思い、二つ返事で引き受けました。

 

Q. そのとき、上の子は2歳、下の子が生まれたばかりだったよね。商品作りの負担はなかった?

A. 逆に、商品を作ることによって、子育てじゃない自分の時間を持つことができてよかったです。たくさん柄のある会津木綿の生地を見て、どんな柄の配置にした商品を作ろうかと考えるのもリフレッシュになりました。

 

Q. 子育てに手がかかる時だけど、いつ作ってくれているの?

A. 子どもたちが寝た後に作っています。あとは、雨で家で子供と過ごすとき。子どもと一緒にくるみボタンを作ったり(子どもは別の生地で)、切れている糸くずを集めて遊んでくれたので、子どもと一緒に作業ができました。

 

Q. 結構作るが早いよね。すごいなと思って。

A. 作るコツをつかみました。もともとモノづくりが好きだったから、一度やり始めると夢中になってとまらなくなっちゃう。ピアスやゴムが出来上がるものを見てると、かわいくて一人でにやけてしまう。
会津木綿って無地でもいろんな色が混ざっているから、商品を作ることでその色の複雑さに気付いて、会津木綿の生地自体の魅力も感じて。切った糸くずでさえも可愛く感じるようになりました。

 

Q. それまで会津木綿のことは知ってた?

A. 知ってたけど民芸品とかおばあちゃんが持つような地味なイメージでした。柄もこんなにあるとは思わなかったです。

 

Q. bel*fonteの作り手になって、何か変わったことはありますか?

A.携帯を触る時間やテレビを見る時間が少なくなりました。あと、自分が作ったものを誰かがお金を出して買ってくれる責任を感じるようになりました。自分が作ったものが色んな売り場に並んでいると考えると嬉しくなります。

 

Q. 商品を作るにあたってのこだわりはありますか?

A.私にとっては何十個の中の一つだけど、買ってくださる人にとってはたった一つの商品なので、それをいつも頭に入れて一つ一つ丁寧に作っています。

 

Q. bel*fonteのお客様へのメッセージを下さい。

A.たくさんの商品の中から手に取ってもらって買っていただけることに感謝しています。私がそうだったように、見てるだけで可愛いと感じたり、元気が出る商品作りをしていきたいです。


 

藤田美優紀さん

現在、6歳のお子さんの子育て中の藤田さん。
洋服や小物、お子さんの幼稚園グッズなどリメイクを中心としたもの作りを得意としています。
初めてお会いした時から、センスの良さやオリジナリティを感じ、bel*fonteから作り手になっていただきたいと声掛けしました。クロスヘアバンドを担当してくれている藤田さんへのインタビューです。

 

Q. 最初、私(代表:藤本)が作り手さんをお願いした時には、絶対無理!と言っていたのに、作り手さんを引き受けてくれたきっかけは?

A. これまでは趣味で自分のものや子供のものを主にリメイクで作っていて、ミシンを触ることは大好きでした。でも、縫製学校にも通ったわけでもなく、縫製の専門的知識もない私が、ベルフォンテの商品を作っていいのかとい葛藤があって。
ヘアバンドの試作を頼まれ、しっかりとした寸法が決まっていて、作り方も決まっているものを作ることなら私にもできるんじゃないかと思うようになり、作り手になる覚悟ができました。そして初めて、自分が作ったヘアバンドが売れた時、街でつけている人を見た時に、嬉しさが込み上げ、続けたいと思うようになりました。

 

Q. 商品開発をするときに、言われた通りでなくて色々アイデアを出してくれる所、本当にありがたいと思ってます。

A. 自分が使うとしたら買うとしたらこんな商品がいいという思いを伝えて取り入れてもらうようにしています。
お金を出して買ってもらうので、妥協はしたくないという思いがあって。

 

Q. 作り手として関わりながら、ボランティアでbel*fonteイベント出店も積極的にを手伝ってくれたよね。

A. 商品の売り方や、実際にどんな方が買っていってくれるのかを実際に見たかったから、いろんなイベントに連れて行ってもらえて、本当に勉強になりました。

 

Q. そんな中、オリジナルブランド「MIKOYA」を立ち上げたきっかけは?

A. bel*fonteで作り手として関わって、自分が作ったものが売れるんだという確信が持てたからです。菜月さん(藤本)が「みゆきさんならできるよ!」と背中を押してくれたもの大きいな。

 

Q. bel*fonteやMIKOYAの活動を初めて変わった事は?

A. 子どもが私がやっていることを「仕事」として認めてくれるようになったのが一番嬉しい。人とかかわる機会が多くなり、今まで関わった事のない人との知り合いが増えました。

 

Q. 今後の目標は?

A.来春に旦那さんの転勤で福島を離れることになったのだけど、離れても環境が変わっても作り手はずっと続けていきたい。MIKOYAも続けていきます。