背守り刺し子Tシャツ of ベルフォンテ

背守り刺し子Tシャツ

背守りをモチーフにしたTシャツです。
背守りは一針一針手縫いです。
会津木綿のポイントも襟元にさりげなく施してあります。


・・・「背守り」について・・・
幼い子供の背中を守る、それが「背守り」。
背中に縫い目のない子供の着物は、背後から魔物が忍び込むと信じられていました。
母親が子供を守りたいその一心で、縫い目の代わりに、縫い付けたのが「背守り」。江戸から昭和にかけて、庶民の間で広く行われていました。

「背守り」には、さまざまな文様があり、それぞれに思いが込められています。「麻の葉文様」は魔除け、また麻が丈夫に成長する植物であることから、元気にすくすく育ってほしいとの願いが込められています。

南会津の南郷地域にもその昔、刺し子の文化がありました。女性たちが男性のために、魔除けなどの願いを込めながら数種類の文様を美しく刺した「刺し子半纏」を作ったそうです。
南郷刺し子会では、現在、その文化を取り戻そうと活動しています。


キッズ:90、100、110、120 
レディース:M、L
メンズ(フリーサイズ):S、M

3,000円(キッズ)、4500円(レディース・メンズ)(税抜き)

DSC01711.JPGDSC01715.JPGDSC01680.JPG